esminのブログ 〜わやだがね〜

3人の息子の子育てと旦那、家族を中心に、日々思ったことや愚痴、時々本の感想などを気ままに書いています。

受験の季節ですね〜中学受験を振り返って〜

こんにちは、えすみんです。

 

正月を過ぎると、受験の季節だなーと漠然と思っちゃいます。

私自身は、そんなに受験に苦労した記憶はないけれど(とはいえ、センター試験で得意の国語でコケた(笑))、長男の中学受験を思い出します。

4月から5年生になる次男も受験するのかどうか、そろそろ決めないといけない時期になりました。

で、少し振り返ってみようかなと。

 

 

きっかけ

長男が突然受験したいというところから始まります。小学四年生でした。

愛知出身の私としては、中学受験なんて眼中になかったですし、お金もかかるし、そもそも勉強嫌いの長男ですから、何言っちゃってるのという感じでした。

しかし、とにかくやりたいというので、まあ、別に悪いことでもないし、失敗したら、地元の中学に行けばいいだけの話だから、やらせてみようと。

 

塾選び

仕事を退職した時だったけれど、次男もいるし、送り迎えをするのは面倒だなと思い、家から自転車で通えるところで探しました。

探したと言っても、そんなにたくさん体験に行ったりしたわけでもなく、たまたま通りかかった塾が、入学金無し、1教科無料、少人数制となってました。

国語と算数の2教科受けても、1教科の金額で良かったわけです。

確か、月々6000円。

塾としては安い方ではないかと思います。

安さに惹かれ、とりあえず体験に。

すると、長男はここに通うと言いました。

というわけで、塾選びは終了(笑)

大手は高いし、大人数のクラス分けは、長男に向いていないと思いました。

わからないところをきちんとマンツーマンで教えてくれるところの方がいいだろうと。

同級生では、日能研に通う子が多かったです。

 

志望校選び

小4のころは、とりあえず塾に通って、基礎固めをするだけでしたが、小5に上がる前の2月に、塾の方から志望校を決めましょうという話がありました。

正直、地方出身である私には、全く中学の情報もなく、収集もしていなかったので、旦那とどうする?と話をしました。

旦那は東京出身ですが、中学受験はしていないですし、時代も変わりますから、昔のイメージしかありません。

結局、長男が野球をやっていることもあり、高校に入ってからも野球を続ける前提で、長男の学力と合うところを考えました。

でも、野球だけに絞ってしまって、万一怪我とかして、野球ができなくなったときに、ある程度の学力がつけられて、その先も何かしら繋がる方がいいねって。

いわゆる野球バカになってしまわないようにってことで。

 

高校野球が強いところはいくつかあります。

①学力も高い

②バカ過ぎる

高校野球部はスカウトでしか入れない

だいたい、この3つに分けられます。

②はあまりに学力が低いので、それなら、わざわざ中学受験をしなくても、高校受験で入ればいいよね。

③これが1番の壁でした。中学に入っても、高校で野球部に入れないなら、意味ないでしょうと。学校説明会に参加して初めて知るんですよね、これ。

で、結局選択肢は①になるのですが、あまりに高いところは、そもそも長男には無理。

そうなると、長男が受けられる学校はないんですよね(笑)

どうすんの?!

そこそこ野球で名前の売れてる学校で、偏差値45~50という学校が1つだけありました。

もうここしかない!という感じです。

こういう感じで、志望校を決めました。

 

学校説明会・オープンキャンパス

志望校を決めたものの、それなりに情報収集もしないといけないし、長男を実際に学校に連れて行き、電車で通えるか、学校の雰囲気はどうかなど、体験をしないといけません。

同じように中学受験をするママ友からの情報で、6年生は勉強に集中させるために、オープンキャンパスとか文化祭とか、5年生のうちにできるだけ終わらせた方がいいと聞きました。

三男がお腹にいる時期でしたので、比較的動きやすかったのは良かったです。

産まれてからでは、ゆっくり説明とか聞いてられませんからね。

本命の志望校以外に、ちょっと高嶺の花の学校にも行きました。逆に滑り止めにできそうな少しレベルの低い学校にも。

文化祭に行って、長男は高嶺の花の学校が良いと思ったようでしたが、かなりがんばらないと無理だよという話をしました。

その時は、がんばる!というようなことを言っていました。

実際に学校に連れて行くのは、発奮材料になるようです。

 

つづく…。

 

長男の誕生日祝い

こんにちは、えすみんです。

1月は、長男と旦那の誕生月です。

水曜から学校のウィンターキャンプに行ってた長男が、今日帰ってきた。

三連休だが、明日明後日は野球で、帰りが遅くなるので、今日お祝いのために、

しゃぶ葉」に行ってきました〜。

しゃぶ葉って、全国区なのかな?

しゃぶしゃぶ食べ放題、ディナーは寿司も食べ放題になる。

子どもたちはしゃぶ葉が好きなのです。

正直、もう食べ放題はツライ(笑)金額的にもツライ(笑)

もうそんなに食べられないからもったいないし。

それに、40歳になった頃から、夕飯に白飯を食べず、おかずの量も減らし、どちらかと言うと、野菜を大目に食べる生活をしているんでよね。

まあ、そうは言っても、誕生日のお祝いですからね。

f:id:esmin:20190112232838j:plain

しゃぶしゃぶだけど、うどんやラーメンの麺もあり、寿司もあり、デザートもあり。

鍋が2つに分かれていて、だしの味を2種類にできるので、だいたい1つはすき焼き風、1つは和風だしです。

子どもたちはすき焼きが大好きなのですよ。

私はひたすら刻み野菜を、もみじおろしと刻み葱を入れた和風のタレに付けて食べました。これがやたら美味しいんですよねー。しゃぶ葉に行ったら、もう肉よりこればっかり食べてます。

肉食べ放題なんですが、子どもたちは野菜と寿司とマロニーとうどん、ラーメンばかりを食べ、最初に持ってこられたお肉を食べた後、追加で肉を頼むことなく終了(笑)

うーん、肉を食べないなら、しゃぶ葉でなくてもいいんじゃないか?

 

お祝いとはいえ、高くつく外食はやっぱりキツイなー。

クリスマスをやらないから、これくらいはねー、がんばらないとなー。

 

ちなみに、長男の4日後に誕生日を迎える旦那のお祝いは特にないです(笑)

アンナチュラルの再放送〜イジメについて思う〜

こんにちは、えすみんです。

紅白見ましたか?

さだまさしが出ていない紅白は、あまり気にしていなかったのですが、平成最後の今回は、三男がハマっているDA PUMPと米津玄師が出るということで、珍しく録画をして見ました。

米津玄師は、良かったですね。あの美術館も踊りも、世界観がマッチしてました。

紅白の前半で、子どもたちが「パプリカ」という歌を歌っていたんだけど、それも米津玄師で、幅広い表現力のある方だなと思いました。

その米津玄師が歌ったlemonが主題歌のドラマ「アンナチュラル」を一挙再放送していたので、そちらも録画。

リアルタイムでも見ていたドラマで、結構好きです。長男もハマったらしく、一緒に再放送を見たりしています。そのうち、DVDに落として保存する予定です。

 

このアンナチュラルですが、何度見ても、胸が痛いというか、苦しいというか、泣けてくるというか、考えさせられる回があります。

何回目かは覚えていないのですが、イジメられている青年が、殺人を装って自殺する話です。イジメをしている子を犯人に仕立てようという試み。実際には犯人にすることはできないんですけど。

どんなドラマであっても、イジメが取り上げられていると本当に苦しくなります。現実社会でもなかなかなくならない。子どもたちの世界だけでなく、DVであったり、パワハラであったり、大人社会でもイジメは存在しています。

自分自身、小学生の時にイジメを受けました。中学のときも少しはありましたが、自分の精神的な強さに(自分でいうのもなんですけど)、相手が臆した感じでした(笑)

小学生のイジメは、クラスの全員から無視をされるというものです。あの頃のイジメは無視程度なので、今のイジメと比べたら可愛いものですよね。そのイジメも自分で乗り越えたので、平気で話せます。その話は置いといて。

 

ドラマの中で、自殺をした子の死因について述べているのですが、印象的だったのは「イジメという名の殺人」という言葉。そして、「あなたが死んでも、イジメた子は生き残って、あなたが死んだことなんて忘れて、のうのうと生きていく」という言葉。

本当にその通り。

少し前に、四国のアイドルがパワハラで自殺をしてしまった事件を受けて、ダウンタウンのまっちゃんが、「死んだら負けということを、考えた方がいい」という発言をしていて、その発言とドラマのセリフが、とてもリンクしているんですよね。

確かにイジメられている今はツライから、死んだら逃げられるとか、死んだら相手にダメージを与えられるかとか、まあそういうことを考えたりするのは、よくわかります。でもやっぱり、何にもならないんですよね。まっちゃんがの言葉を借りるなら、死んだら負けということなんです。勝ち負けを決めるようなことではないので、言葉のニュアンスとして捉えてもらいたいです。

 

ドラマで自殺した青年は、学校に行かない、学校を辞める選択肢があったはず。どうしてその選択ができなかったのか。

先生たちは見て見ぬ振りだったけれど、あそこまで痣ができていたら、親は気付かないのか?あれだけ頻繁にカツアゲされていて、お金はどこから?

疑問は尽きないけれど、学校を辞める決断をして欲しかったな。逃げることになるなんて言う人もいるけれど、人をいじめることしか能のない人のために、自分の人生を台無しにされるなんて馬鹿げてる。イジメから逃げると考えるからダメなんだ。人をイジメることしかできないなんて、かわいそうな人たちなんだよ。こっちから見限ってやるって。

イジメを見て見ぬ振りをしている先生がいる学校なんて、行く価値もない。学ぶべきことがないよ。

 

ドラマを見ながら、子どもたちにもそういう話をしている。学校が絶対的な場所ではないということが伝わればいいかな。だからと言って、長男のように問題ばかり起こされても困るけども(笑)

もちろん、加害者側にもなって欲しくはない。イジメとからかいの境目が難しいが、経験から学ぶしかないのか歯がゆい。そもそもからかいもしなければいいのだけど、ユーモア溢れる、ブラックジョークのようなものも世の中には存在するから、余計に難しい。

あと、実際に手を下してる人だけが加害者なのではない。

そのイジメを見て見ぬ振りをしている周りの人たちもみんな共犯者だと思う。

金八先生でも言っていた。周りで見ている傍観者もイジメているのだと。

その辺りも、子どもたちには十分理解してほしいな。

 

別の視点から考えると、そもそもイジメという言葉ってどうだろう。

やってることは暴行、傷害、窃盗など、犯罪行為そのもの。イジメという言葉って、とても軽く感じる。未成年とか関係なく、犯罪行為であることをもっと認識させないとダメだよなぁ。

 

いろいろ考えてみたけれど、難しい問題なんだろうなー。

加害者側の精神的ケアとかも必要なのかなとか。精神疾患があったとしても、許される行為ではないのだけど。

難しい…。

 

正月は終わり

こんにちは、えすみんです。

お正月はいかがでしたか?

我が家はお決まりで、元旦は家でのんびり。

2日に、お寺近くのコメダでモーニングして、お墓まいり、初詣、旦那の実家へご挨拶。

旦那の兄弟家族と叔母夫婦が集まると、総勢19人。

それで夕飯を食べて、お喋りしてという1日を過ごす。

夕飯の時に、子どもの話になる。大抵、旦那の弟の子どもが話の中心になることが多い。

ラグビーをやっていて、推薦で高校に入って、寮生活をしている。

旦那の家族はラグビーが好きなので、あーだこーだと話すのだ。

その合間を縫って、我が家の話にもなる。

長男がちょくちょく問題を起こしてることも去年もから話しているし、それからも進歩なく、むしろ後退しているくらいに問題を起こして、高校に上がれないかもしれないという話を今年はした。

それでも、長男の性格がものすごく悪いわけでもないし、やればできることはわかっているし、なんだかんだ高校には行けるでしょっていう、義母や叔母の考え。

でも、こういう問題があるとか、これが悪いかとか、去年からも進歩してないとか、私がいろいろ話をすると、

「そこまで言っちゃダメよ。えすみんが悪いわよー」とか

「なんとかなるんだから」とか

「最近の先生はねー」とか

そういう感じ。

正直辛かった。

母親である私に非があるから、長男が問題を起こすと言われている感じだった。

トイレに行くふりをして、トイレで泣いてしまった。

親にただ反抗してるだけでなく、学校でもかなり問題を起こしてるのは事実だし、それが全部私のせいだと言われている。

ほんとに、ツラくて耐えられない時間だった。

義母に至っては、知り合いの話を引き合いに出してきて、保育園から小学校に入って、じっとしてるなんて子どもはできない。先生にも注意されたけど、3年生になったら落ち着いてきたとか。 その子の母親は先生に言われたってあっけらかんと開き直ってたわよって。

長男は中学生である。

私だって、長男が小学1年生だったら、こんなには悩まない。

義母の話はすごく的外れな気がする。

叔母も私も学校サボったりしたわよとか、授業中寝てたわよとか、成績は下から数えた方が早かったとか、途中でヤル気になって上位までいったか。

でも高校の時の話だった。

長男のことを、元気で子どもらしいし、自分の意思がはっきりしててイイわよって褒めるもんだから、長男はこのままでも良いと思ったと思う。

そういうふうに褒めてくれるのは構わないけれど、正直なところ、もう少し長男を叱咤して欲しかった。

私の意見もきかないし、旦那がどれだけ叱ったところで、全く変わらない長男をこのままでどうするんだ、どうしたいんだ、このままで本当にいいのか?というような話をして欲しかった。

義母は働かずして、嫁入りしたので、社会の厳しさを知らないし、叔母にしたって、もう一昔前の話だから、やっぱり時代が違う。

今の世の中、中卒でできることなんて、たかがしれてるし、そこから這い上がるには相当頑張らないと無理だと思う。

学歴が全てだとも思っていないけれど、それでも最低限の知識や教養が必要だと思う。

それは、親が教えるには限界があるのだ。現に、親の話は全く聞かないのだから。

 

そんなわけで、母親である自分のダメさ加減に打ちのめされた正月だった。

4日からは普通に仕事が始まったし、長男は3日から野球の練習、次男は全然宿題が終わらず(宿題に関しては、長男も終わってないけどね)男はずっとUSAを踊りまくってる。

f:id:esmin:20190105221238j:plain

書き初め

次男の宿題の書き初め。

学校に習字道具を忘れて帰ってきたため、お手本もなかったので、仕方なく私がお手本を書いたのだが、あまり上手く書けなかった(左)。次男はものすごく字が下手で、かなりの枚数を練習して、ようやく書けた1枚(右)。ここまでくるのに、4時間の時間がかかり、3日は終わってしまった。

冬休みってあっという間に終わってしまうね。

 

はあ、子育てってツライ…。

帰省終了

こんにちは、えすみんです。

ただ今、自宅へ向かう高速です。

帰省の時間って、あっという間。

会いたい友だちに会う時間もなく、結局家族で過ごすだけになる。それはそれで幸せなんだろうけど。

f:id:esmin:20181231173353j:plain

#名古屋めし

昨日は、お決まりのモーニング。

いつも行く喫茶店が年末の休みに入ってしまったので、コメダへ。

コメダは自宅近くにもあるので、愛知でしか行けないお店が良かったけれど、仕方ない。他にも喫茶店はたくさんあるけれど、昔ながらのお店が多くて、タバコ臭いのが難点。おチビもいるから、コメダとかの方が気楽。

 

お昼は、スガキヤ

このラーメンがたまらない。昔から変わらないし、安いし。

このスープが無性に飲みたくなる時がある。

高校生の頃とか、お金がないからスガキヤにすることが多かったな。あの頃は210円で食べられたけど、今では320円。それでも安いけど、210円って、学生に優しかったよなー。

あとソフトクリーム。これがまた美味しい。昔は100円だった。今は150円。

スガキヤのラーメンとソフトクリームは、鉄板。帰省したら、外せない。

 

夜は、ひつまぶし。

昔は、鰻は特別食べたいものでもなくて、ひつまぶしも高いし、好んで食べたりしなかった。でも、関東に住んでから、関東の鰻がどうにも食べられない。焼き方の違いかな?と思っているんだけど、どれだけ美味しい鰻屋さんだよと連れてってもらっても、どうしてもダメ。美味しくない。

関東の鰻が食べられないと思うと、別にと思ってたひつまぶしが無性に食べたくなる(笑)で、帰省すると、必ずひつまぶしを1度食べている。名古屋市内に有名なお店があるけれど、実家近くのお店で十分美味しい。しかも、有名店より少し安く食べられるし、行列にもならないから、地元のお店に行く。ここも外せない。

 

もう一つ、外せないお店がうどん屋

昔から行ってるお店は代替わりをしたから、味が少し落ちたと父は言うけれど、自宅近くにはうどん屋がない。丸亀製麺はフードコートとかにあるけれど、普通のうどん屋はない。なにせ関東は蕎麦だから。

このうどん屋には、雪が降った日のお昼に行った。

子供たちもここのうどん屋は楽しみにしている。

 

結局帰省すると、外せない食べ物ばかりで予定が埋まっちゃうんだよねー(笑)

太るわ。

 

自宅に帰る今日は、小学校の同級生と連絡を取り合い、モーニングへ行った。

1人はずっと地元にいて、1人は旦那さんの都合で転勤族だけど、旦那さんの実家も同じ地元だから、年末には帰ってくるから、毎年年末だけ会ってる。

昔話をしつつ、子どもの話をしつつ、たわいのない話なんだけど、こうして会って話ができるというのは、良い。

地元の友達とも気軽に連絡を取ったりするようになったのは、LINEのおかげ。LINEをやる前は全然連絡を取っていなくて、それこそ年賀状だけだったから、文明の発展にも感謝しなきゃ。

LINEに振り回されちゃダメだけどね。私の場合、全く通知が来ない日の方が多いから、振り回されてはいないと思うけど。

 

年末の帰省はこれにて終了。

両親もまだ元気で、安心したし。

当面の問題は、長男だけ(笑)

 

良いお年を。

来年も良い年になりますように。

 

 

 

帰省中

こんにちは、えすみんです。

昨夜、愛知の実家に帰省をしました。

道中は特に雪も降らず、渋滞もなく、良かったです。

 

帰省1日目

朝起きたら、こんなでした。

f:id:esmin:20181229221436j:plain

雪かよ〜。

朝はモーニングに行く予定だったのですが、この雪で中止。

昼前には止んだので、昼から出かけることになりました。

しかしなぁ、まさか雪とはね。

車はノーマルタイヤなので、チェーンはあるけど、帰るときには何もないといいな。

 

この1ヶ月のできごと

こんにちは、えすみんです。

今日、仕事納めでした。2時間の時間休を取り早退。15時に仕事を終わらせて、帰宅し、私の実家へと帰省です。

今、高速を走ってます。運転は旦那なので、楽チン。

 

さてさて、iPadが故障中の1ヶ月のできごとをまとめてみようかなと。

  • さだまさしのコンサートへ
  • 2度目の家出(私が)
  • 長男の担任との面談(旦那が)
  • 次男の個人面談
  • 長男が学校をサボる
  • 中華街へ元同僚とランチ
  • 職場の行事でフランス料理を食べる
  • 次男の野球チームのクリスマス会
  • 三男のクリスマス発表会
  • 職場の面談

大まかに挙げるとこんな感じでしょうか。

まあ、あいかわらず、長男はやってくれますよ。ホントに阿保なやつです。

こんな阿保な奴に育てたのは自分なのだけれど、何がどうしてこうなったのか?自分の何が悪かったのか?と常々考えてしまいます。

そんな長男とのやり取りに疲れて、私もプチ家出を(笑)今回は、三男と一緒にドライブしました。前回は、三男も家に置いてきてしまって、大泣きさせてしまったので、今回は一緒に。ドライブ好きなので、三男は楽しめたのかな。

もうすぐ今年も終わります。

来年は、長男が少しでもマトモになるよう願うばかり。

でないと、高校に上がれません。

本当に深刻な状況になってますが、長男本人に自覚がないので、高校に上がれない現実を見せた方がいいかなと思い、敢えて他の道は探したりしていません。

はてさてどうなることやら。

 

次男はそんなに問題なくきているので、このまま元気に過ごしてくれればいいかな。

来年は5年生なので、そろそろ受験をするのかしないのか決めないといけません。どちらがいいのやら。

 

三男は順調に育っております。最近トイレの成功率も上がってきました。

クリスマス発表会は、DA PUMPのUSAをちゃんと踊ってくれました。今まで運動会など、本番になるとグズグズしたりして、練習の成果を出せずにいましたが、今回はバッチリでした。

発表会の前からずっと踊ってましたけど(笑)

発表会が終わっても踊ってます(笑)

気の済むまで踊るがいいさ。カワイイし。

 

私自身はやっぱり年に一度のコンサートかな。年越しライブと迷って、11月にしました。年越しは家族で帰省するかもと思ったから。案の定、こうやって帰省してます。

しかし、今回のコンサートはちょっとガッカリでした。

席が一階席の前から9列目。数字だけ見たら良い席なのでしょうが、私は見づらいので前の方は好きではありません。

オープニングの曲がテンポのいい曲で、ほぼ周りの人は全員立ち上がるという…。

悪いことだとは思わないのだけれど、こっちはゆっくり座って聞きたいんだよ〜。仕事終わりで夕飯も食べずに会場に来てるんだよ〜。しかもさだまさしなんだよ〜。

最悪なことに、アンコール曲もテンポの良い曲で、また周りの人が立ち上がる。

言葉は悪いですが(先に断っておきます)、内心「座れよ、ババア」って(笑)

自分もババアですけどね。

ロックやジャニーズやEXILEなんかのコンサートだったら、私も立つのを覚悟しますけどね。さだまさしですからねー。無理に立たんでもいいでしょうと。

ま、仕方ないですし、曲とトークが聴けたらいいです。顔は見えなくても(笑)

 

元同僚たちとの中華街ランチも楽しかったです。

年上の方もいたり、娘さんもいたりと、幅広い年齢層の集まりですが、なんとなく気が合って、年に1,2回ランチをしてます。

地元を離れ、友だちがいなかったので、仕事を辞めてからも付き合いがあるというのは、とてもありがたいことだなと思います。

私自身、癖のある性格なので、あんまり友だちもいないんですよ。なんとなく気が合うというのは、この元同僚たちも相当癖のある方たちですね(笑)

同年代でないのが逆にいいのかもしれない。あと、女子特有のべったり感のない方々。あのべったり感、苦手なので。

 

これを書いてる途中に、夕飯で立ち寄ったSAのトイレが、めっちゃ広くて、キレイてした。ビックリ!

公衆トイレも変化してますな。

実家まであと2時間強かな。

これが今年最後になるかもしれないので、良いお年をお迎えください。