esminのブログ 〜わやだがね〜

3人の息子の子育てと旦那、家族を中心に、日々思ったことや愚痴、時々本の感想などを気ままに書いています。

長男の子育てを振り返る(5)

こんにちは、えすみんです。

長男の子育てを振り返ってる間も、日々長男とバトルをしています。

やれやれ。

 

中学受験を目指すことになった長男。

自分で言い出したのに、なかなか勉強に身が入らない。

そもそも受験というものを長男は甘くみていたのだと思う。

そんなに勉強しなくたって、簡単に受かるんでしょって。

甘〜い!甘すぎる!

そんなに甘いもんじゃないんだよ、受験って。

どれだけ話をしても、大丈夫大丈夫って。

そりゃ、経験しないとわからないとは思うけど、それにしたってやらなさすぎでしよ。

塾に行ってるからと合格するってもんじゃないのに。

 

塾をサボって、友達と遊ぶこともあった。

小1から小3まで、私が正社員でみっちり働いていたので、長男は学童に通い、6時に1人で帰り、1時間くらい1人で留守番をする生活をしていたので、友達と遊ぶことがなかった。

私が夕方家にいるので、学童に行く必要がなく、友だちと遊べるから、遊びたいんだろう。子どもだし。

その気持ちはわかる。理解してる。

だけど、受験をするんでしょ?! それなら、遊んでる場合じゃないよ。

 

長男の行動は、3年生の時と比べたら、いくらか落ち着いた様子を見せてますが、あまり進歩しているようには見えなかった。

学校では相変わらず、ちょこちょことやらかしていた。テストを破ったり、友だちと喧嘩したり。

塾もサボったり、行っても身に入らなかったし、塾の宿題もほとんどやっていなかった。

正直、周りの同級生が成長していくから、いつまでたっても幼い長男を、仕方ないなーって感じでうまく扱ってくれていたようにも思う。

 

5年生のある日、問題が勃発。

何をやらかしたと思ったら、親の財布からお金を盗み、ゲオでPSvitaを購入。

 

まさか!

いろんな問題をやらかしてくれるけど、まさか財布からお金を盗むなんて、そんなことはしなうだろうって、そこは信じていたことだった。

まさに、うちの子に限って!

 

なぜ発覚したかというと、私の財布には前日支払いをしたお釣りで、5000円札が入っていた。しかし、翌日財布の中に5000円札は入っていなかった。

1000円札1枚だったら、気づかなかったかもしれない。5000円札という、普段あまり財布に入っていないものがなくなっていたから、すぐに気づいた。

最初はどこかで落としたのかもしれないと、前日に行ったお店に全部聞いて回った。

家の中で、あの支払いがとかよく言ってるから、旦那に5000円を何かに使う話をしてたっけ?とLINEで聞いたりした。

そしたら、旦那が長男の持ち物検査をしてみろって。

え?!

いくらなんでもさすがにそんなことしないでしょってやりとりをしたのだけど、とりあえず長男の机の周りを調べた。

そこで、PSvitaを買ったレシートを見つけた。18000円。

そんな高額なお小遣いはもちろん渡していない。お年玉も全部貯金してしまっている。長男に買えるほどの大金は渡していない。にもかかわらず、レシートはある。

どこかにPSvitaがあるはず。

再びの大捜索。

すると、塾のカバンの中から出てきた。5000円札も一緒に。

はあ、出てきちゃったかー。なければいいのにって、どれだけ思ったか。

そういえば、前日に、PSvitaやDSのソフトって、いくらくらいするのかなぁ?って、言ってたっけ。持ってないのに、変なこと聞くなぁって、怪しんだことを思い出した。こっそりPSvitaを買ったから、今度はソフトが欲しくなったわけよね。

 

塾をサボって、友だちと遊んでいるうちに、その友達がPSvitaを持っていて、自分も欲しくなったらしい。ゲオに売ってるよって、友だちから聞いたみたい。

ゲームは家の中だけにして欲しくて、WiiWii Uは買っていたけど、ポータブル系のゲームは買わなかった。

 

お叱りは旦那に任せ、学校から帰ってきても、長男とこの話はしなかった。

旦那が帰宅後、ものすごい剣幕で怒られる。

まあ、当然だよね。泥棒なんだから。いくら親子でも、やっていけないことはいけない。

おかげて、ゲーム禁止令。

しばらくゲームは禁止。塾に行くときは、私も一緒に行き、塾に入るところまで見届けることに。

あまり縛り付けるのはどうなのかと思いながらも、あまりにもケジメがない長男だから、これくらいしないととも思った。

好きなようにさせていたら、勉強はしない、ゲームはしまくる、塾はサボるの繰り返し。

土日はリトルがあったから、勉強する時間はない。もちろん遊ぶ時間も。平日に遊びたい気持ちはわかるけど、やることはやってから遊んでくれ。やることやれば、ゲームだってやっていいのだから。

 

しかし、長男はゲーム禁止令が出たからといって、やることやって、認めてもらって、ゲームをやれるようにしようと、そういう気持ちは起きなかったみたい。

単にゲームできないんだ、やだなーってだけ。お金を盗んだことに対しても、それほどの罪悪感は起きなかった模様。

一体何を考えているのか。

どうしたら、わかってくれるのか。 

 

本当にわからない日々が続きます。