esminのブログ 〜わやだがね〜

3人の息子(高2・中1・年長)の子育てと旦那、家族を中心に、日々思ったことや愚痴、時々本の感想などを気ままに書いています。

野球人生の終焉

こんにちは、えすみんです。

 

昨日は、長男の野球チームの卒団式と謝恩会でした。

卒団式で卒団証書をもらい、一言ずつ話し、下級生の余興を見て、

謝恩会では、スライドショーを見て、クイズコーナーで監督コーチのモノマネをし、卒団生の余興を見て、一言話して、終了。

あ、卒団生の親戚に、ヨーヨーの世界チャンピオンがいて、ヨーヨーのショーを見せてもらった!これが1番だったかも(笑)

f:id:esmin:20191201090511j:plain

#卒団式

小1からリトルリーグに入り、

野球が好きで、

野球のできる環境の中学に受験をして、野球部に入り、

いろいろうまくいかなくて、退部。

中2でクラブチームに入団。

そのクラブチームを無事卒団。

 

ずっと野球を見てきた親としては、

もう少し、

もっと、

努力してくれたら、

ちょっと違う結果になっていたかなという思いが、

捨て切れない。

 

高校野球で、目指せ!甲子園。

のはずだったけど、

そこを目指せる学校に入ったけれど、

もう野球はやらないって。

 

親バカと捉えられるかもしれないけど、

それなりにセンスはあった。

その辺はリトルの頃から言われてもいた。

本人の頑張り次第で、芽が出ると言われてもいた。

頑張りが足りなかったよなー。

 

本当に、がっかり。残念で仕方がないけれど、

本人の人生だから、親とはいえ、無理強いはできない。

後悔だけはしないように…。

 

クラブチームは、長男の反抗期も重なり、絶対に見に来るなと言われ、

見に来るなら、俺は行かないとまで言われ、

一度も長男のプレーを練習ですら見ることができずに、終わってしまった。

それだけが心残り。

 

正直、努力を怠った長男にも問題はあるけれど、

リトルリーグ、中学野球部、クラブチームを通して、

良い指導者に恵まれなかったというのも、かわいそうだったかな。

長くやっていると、他チームとも交流が増え、顔なじみになって、話したりするけど、

他チームのこの監督の方が、長男とは相性が良いなとか、そういうのもわかってくる。

でも、転籍できるシステムではなかったし、

物理的な距離もあったし、

仕方ないこと。

そういう面からすると、長男と野球の運命だったのかもしれない。

野球はうまくいかないから、他の道を探しなさいっていうね。

 

これで長男の野球人生は終わり。

長男の人生は、まだこれから。

esminのブログ〜わやだがね〜 - にほんブログ村