esminのブログ 〜わやだがね〜

3人の息子(高2・中1・年長)の子育てと旦那、家族を中心に、日々思ったことや愚痴、時々本の感想などを気ままに書いています。

長男との会話〜レベルアップ〜

こんばんは、えすみんです。

長男の子育てを振り返ってる途中ですが、日々、長男との格闘(笑)が。

今回は一昨日の話。

 

長男、期末テストが終わり、本人は頑張ったというが、結果は散々。まあ、そうだよねー。側から見てて、全然頑張ってるように見えなかったもの。

数学と英語のリスニングは赤点で、追試。

追試は、その場で合格不合格がわかり、不合格だからといって、進級できないわけじゃないけど、評定が1のままという。

で、結果は不合格。そりゃそうだよね。追試とわかっても、勉強してなかったもの。

 

私が常々長男に言っているのは、過程が大事ってこと。

そりゃ、合格したら嬉しいけど、そのためにどれだけ努力したのかってこと。

今回も全然努力してないよね。

ある程度側から見てても、今回は頑張ってたら、結果は残念だけど、よくやったね。みたいな感じで、褒めることができるけど、そうじゃない。

長男の場合、勉強だけではない。全てにおいて、そんな感じ。

最初から、無理だ、できないと決めつけたり、しょうがないじゃんと開き直る。

例えば、ご飯を食べるのが異様に遅い。ダラダラ食べる。もう何年も注意してるが、一向に早くしようとしない。注意するたびに、量が多い、味がイマイチ、苦手とか言い訳をする。

次男としょっちゅうやり合う。多少の喧嘩は良い。気にしない。しかし、死ね、かす、クズ、黙れクソ野郎などと暴言を吐いたり、最初はじゃれあっていたのに、最終的には次男が痛がって泣いたり、苦しんで泣くまで、やり続ける。注意すると、次男が悪い。次男が気にさわることを言うからいけないと言い訳をする。

とにかく、どんなことをするにしても、言い訳を必ずする。自分の反省点はない。自分は悪くない。だから、長男は改善されず、変わらない。

 

そういう話を長男とした。いつもの感じで話しても聞く耳を持たないので、今回はゲームと絡めて、話をしてみた。

まず、はっきり言って、お前は全くレベルアップしていない。

小学校1年から卒業まで、全くレベルアップしなかった。レベル1のまま、クッパを倒した。

中学に入ったけど、この中学1年間も全くレベルアップはしていない。他の子は、小学校6年間で、レベル50まで上げて、中学生になる。中学に入った時点で、もう49もの差がある。

中学卒業までにレベル100にならないと、ゾーマは倒せない。

他の子は、レベル100まで50上げるだけでいいけど、お前はまだレベル1だから、100まで上げるには99もある。これって、かなりの差だよね。すごく努力しないとダメだよね。

受験して私立の中高一貫校に入ったから、もしかしたら、今のような感じで、騙し騙しやっていけば、レベル10くらいでも、ゾーマを倒して、高校生にはなれるかもしれない。でも、その先のデスピサロを倒すには、レベル10じゃさすがに無理。デスピサロを倒すには、レベル200くらいにならないと。それくらいがんばらないと、大学には入れないと思う。大学じゃなくても、何かやりたいことがあっても、何もできないよ。レベル10のお前が、200まであげようと思ったら、本当に大変だよ。今からコツコツレベルを上げていかないと、一気にレベルアップはできない。

お前の好きなヒカキンは、ヒューマンビートボックスという自分の得意なことを伸ばして、努力して、ユーチューバーとしても認められたんだよ。単に、YouTubeにおもしろ動画を載せてるだけじゃないよ。

お前は自分の得意なことも伸ばそうしていない。今得意でできてるから良いと満足してる。それでは、努力する人に必ず抜かれるよ。自分で何も為さないよ。

 

と話してみた。今までよりは食いつきが良かった。わかってくれたかな?と思っていたら、

 

俺、レベル1のままでクッパ倒したんだ。それって逆に凄くない?このままレベル1のままでもゾーマを倒せるかもしれない。デスピサロも。どうやったら、レベル1のままで、ゾーマデスピサロを倒すことができるか、その方法を考えてみるのもいいかもしれない。

 

 

 

 

・・・・・・。

敵は手強い。

私もレベルアップしないと。

esminのブログ〜わやだがね〜 - にほんブログ村