esminのブログ 〜わやだがね〜

3人の息子の子育てと旦那、家族を中心に、日々思ったことや愚痴、時々本の感想などを気ままに書いています。

一万円選書〜トリツカレ男〜

こんにちは、えすみんです。

5月から新しい仕事を始めたら、ブログを書く余裕がなくなりました(笑)

 

一万円選書に当選し、その本の感想をちょっとずつ書いています。

一万円選書については、こちら。

esmin.hatenablog.com

 今回は、『トリツカレ男』いしいしんじ

作者は聞いたことあるようなー、でもこの本は確実に知りませんでした。

タイトルから安倍公房の箱男を連想してしまったんですが、違いましたね。

f:id:esmin:20180508173737j:plain

 

主人公ジュゼッペは、何か夢中になるとトリツカレたように、極めるところまでいってしまうんですね。いろいろなものにトリツカレていくわけなんですが、最終的には1人の女の子にトリツカレるという。その女の子のために、なんだってしてしまうっていうお話。ざっくり言うと恋物語になるのかな。

女の子のためになんでもするんだけど、今までトリツカレたものがとても役に立っていくんです。そして、何がすごいって、ジュゼッペは女の子からの見返りを求めていないということです。

無償の愛って言うんでしょうか。

なかなかできないですよね。特に今の世の中、利己主義ですし。

親の子に対する愛情がそうなのかな?と漠然と思ったのですが、果たして自分は、子どもに対して、そんな風に見返りを求めずに、愛情を注げているだろうかと、疑問を持ってしまいました。

やはりどこかで、子どもたちが大きくなったときに、自分に火の粉がかからないようにしたいとか思ってしまう時点で、無償の愛ではないんじゃなかろうか。

親としてどれだけのことができるかと考えたときに、ジュゼッペのようにはできないなーと思ってしまったわけです。

 

ただの恋物語だからと読んでしまえばそれだけなんですけど、長男に手こずっている現実とどうしても重ねてしまうんですよね。

だから、この本が選ばれたのかなと思います。

 

よかったら、お手にとってみてください。