esminのブログ 〜わやだがね〜

3人の息子(高2・中1・年長)の子育てと旦那、家族を中心に、日々思ったことや愚痴、時々本の感想などを気ままに書いています。

中学受験を振り返って⑤〜お試し受験〜

こんにちは、えすみんです。

前回中学受験の話を書いてから、1ヶ月が過ぎてしまいました。

その間簿記の勉強やらなんやらいろいろあったので、なかなか時間が取れず…。

 前回記事はこちら↓

esmin.hatenablog.com

 さてさて、毎日塾に行く日々が始まりました。

いつまで経ってもエンジンのかからない長男。

一歳の三男をつれて、毎日送り迎えをするこちらとしても、いいかげんやる気を見せて欲しいところ。

 

12月の頭だったか、それより前だったか、塾の先生と面談がありました。

子どもは除いて、夫婦と先生という面談です。

夫婦揃って面談をする意味としては、夫婦の足並みも揃えて欲しいという、塾側の意向がありました。

時々いるんですって。

夫婦で考え方が違い過ぎて、突拍子もないところを志望校にする親とか。

子どもも戸惑いますよね。

その点、我が家はそういうことはなく、というかほぼ塾にお任せ的な感じだったので、揉めることもなく。

揉めるのは、長男のやる気がないことくらい(笑)

 

で、面談ですが、お試し受験なるものをさせたいという話。

もちろん塾側の要望です。

お試し受験ってなんじゃらほい

って思ったわけですが、本試験が2月1日で、1ヶ月くらい前にある試験。主に、地方の学校の試験を首都圏で受けられるというもの。

塾としては、毎年みんなに受けさせるんですって。

それで本試験1ヶ月前の実力を測るというもの。加えて、地方の学校とはいえ、受かったら子どもは嬉しいから、少し自信を持って、本試験に臨めるという。

お試し受験の学校は、試験の点数を開示してくれるところが多いようで、どれだけ点数が取れるかっていうのもわかるんですよって話。

この塾では、だいたい受ける学校は、「土佐塾」か「宮崎日大」となってるらしいです。

他の塾のママ友に聞いても、「土佐塾」という名前が出てきたので、どこもそうなんだなって思った記憶があります。

この地方の首都圏受験は、かなりの人数が合格します。そんなに合格させてどうするの?って思うけど、お試し受験というが定着しているから、合格してもほとんど通わないことを前提になってるから、地方の学校にしてみたら、受験料を集める目的なんだろうなって。

 

で、長男には「宮崎日大」をお試し受験しましょうという話。

ぶっちゃけていうと、レベルの高いところを目指してる子が「土佐塾」で、そうでもない子が「宮崎日大」となってるようです。

レベルの低い長男は、当然宮崎日大なわけです。

受けるのは構わないけど、さすがに宮崎なんて遠いところ、どうなんだろう?って。

Y先生に、率直に質問しましたが、

宮崎日大は、塾と同じ最寄駅の大学で試験が受けられますよ。試験の雰囲気も味わえます。志望校が受からなくて、宮崎日大しか合格しなかったら、そこに行かせればいいんですよ。それが嫌なら、勉強しろっていう話なんです。」

という返答。加えて、

宮崎日大、意外といい学校なんですよ。過去に気に入って、次男を最初から宮崎日大に行かせた親御さんもいたんですよ。」

っていう話。

そうか。そこしかなかったら、そこに行かせればいいんだ。宮崎のようなところのほうが、案外長男には向いてるかもしれない。

と夫婦揃って、先生の話に納得。

 

というわけで、1月4日に、長男はお試し受験をすることになりました。

お正月も返上で勉強だねーって。

正月には旦那の実家に帰るのですが、その年は、私と長男は行かずに、家で勉強。

のんびり正月を過ごしている場合じゃないわけです。そもそも成績は上がってないですからね。

 

1月4日。

宮崎日大のお試し受験。

国語算数理科社会の4教科を受けました。

 

中学受験について驚いたことは、今や試験の当日には合格発表があり、しかもネットで確認できるということです。

昔でいう掲示板を見に行くドキドキ感とか、掲示板の前で胴上げとか、良かったね!と抱き合って喜ぶとか、喜んでいる人の側で、不合格の人が肩を落として帰っていく姿とか、そういう悲喜こもごもとした風景は、皆無。

画面の前で一喜一憂するのみです。

 

さて、長男の結果は…

 

 

合格!

 

 

いやあ、ホッとしましたねー。

このお試し受験ですら不合格だったら、あと1ヶ月、一体全体どうしたらいいんだというくらいですからね。

 

しかし問題もありました。

点数です。

お試し受験は、点数を開示してくれるから、受ける価値もあるというところですからね。

長男の点数は、はっきりとした数字を覚えているわけではないですが、全教科40点代だったと思います。社会が50点代だったか?…。

 

おいおいおい…。

 

よくこの点数で合格させたな、宮崎日大

大丈夫か、長男。

今まで勉強しても、この点数なの?!

内心、志望校は無理だなって思いました。偏差値的に言っても、宮崎日大より志望校の方が少し高いですから。

もうこの時点で、正直宮崎だなって(笑)

 

当の本人は、点数より何より、合格したという事実に大喜び。

「俺、いけんじゃね?」

ってなもんですよ。

現に、この後の長男は、合格したという事実から、気が緩んでました。

お試し受験の次の日、始業式だったのですが、友だちの家に遊びに行ってしまいました。

しかもまた学校から帰って来ず、友だちの家に行ったのです。次男は帰ってきたのに、長男は帰ってこない。帰りを待っていた私は、家出した時と同様に、三男をおんぶした状態で、公園やらなんやらを探して歩くハメに。

 

なめとんのか、コラ!

ふざけんじゃねえぞ、コラ!

 

 

esminのブログ〜わやだがね〜 - にほんブログ村