esminのブログ 〜わやだがね〜

3人の息子(高2・中1・年長)の子育てと旦那、家族を中心に、日々思ったことや愚痴、時々本の感想などを気ままに書いています。

だから?〜緊急事態宣言を受けて〜

こんにちは、えすみんです。

緊急事態宣言が出されましたね。

私の職場は福祉施設ですが、利用者が利用する以上、休むことはありません。

今日は長男の高校の入学式のはずでしたが、なくなりました。

入学式は元々LIVE配信だったのですが、せっかくだから見てみたいと、休暇を取っていたのに入学式はなくなりました。

せっかく休みを取ったのだから、半年に一度の美容院を予約してました。

宣言出たけど、お店はやるの?とママ友のお店なので、気楽に聞いたら、時間を短縮してやるという返事をもらったので、宣言解除の1ヶ月後まで、このうっとしい髪型ではいられないと思い、予約はそのままで、カットしてもらいました。

今日は在宅の旦那が、午後はWeb会議をするから、早く帰るなと言われたので、お気に入りのカフェでランチをしながら、これを書いています。

緊急事態宣言が出たからと言って、内容には特に変化はないし、ただただ自粛を要請するだけ、経済的困窮が改善されるわけでもない。経済的支援として、108兆円の予算を組んだと豪語したけど、予算を組んだからと言って、全部使い切るわけでもないだろうし。

30万の給付に至っては、あの線引きでは8割は受け取ることができないでしょう。

それに、住民税非課税と同程度の収入まで落ち込んだのなら、それはもう30万給付しゃなくて、生活保護世帯になるのでは?

収入が5割以下になった中小企業なんて、もう倒産目前でしょう。そこで200万をもらったからと言って、その後の営業が続くわけがない。会社を畳む準備金のつもりなのでしょうか。

私は一貫して、今まで通り普通に生活するべきだという考えが捨てられません。

 前にも書きました。↓

esmin.hatenablog.com

 今、感染を防ぐことだけに躍起になっているし、そういう考えの人が多い。

でも、私は5年後10年後の子どもの未来を考えてしまう。

経済的困窮が与える子どもへの影響というものを、みんな軽く見てないですか?

このままでは、安倍は1ヶ月後には、感染者が8万人を超える。それは危ないと言った。

でも、今のままでは、おそらく感染者と同じくらいに失業者も増えますよ。失業者の先にはその家族がいます。

生活保護世帯を増やして、払えるだけのお金はあるのでしょうか。

感染で死ぬか、経済的に死ぬかの2択。

家にいるだけで防ぐ命があるなんていう人がいましたが、家にいるだけで死ぬ命のことは、想像できないんだろうなぁ。

経済的破綻は、その人そのものの命だけでなく、周りにいるもっと多くの命や未来を奪っていくんですよ。

感染から守るだけでは、子どもの未来は守れない。

 

あと頼むから、コロナ復興税なんてものを作って、国民のお金を取るのは絶対にやめて欲しい。

 

 

 

 

esminのブログ〜わやだがね〜 - にほんブログ村