esminのブログ 〜わやだがね〜

3人の息子(高1・小6・5歳)の子育てと旦那、家族を中心に、日々思ったことや愚痴、時々本の感想などを気ままに書いています。

取らぬ狸の皮算用〜10万円の使い道〜

こんにちは、えすみんです。

コロナの生活にうんざりする毎日です。そもそも私はここまで騒ぐものではないと思っていますので、余計にそう感じます。

批判される覚悟で言いますが、ブラジル大統領に大賛成ですね。まぁ、モノの言い方は気をつけなければと思いますが…。

その話はまた別の機会に。

 

国民1人に10万円ということになりましたね。

30万は無くなったけど、中小企業への200万とかは残るようなので、お店の方とかは活用してもらいたいです。それでも足りない方が多いはず。

 

我が家はありがたいことに、仕事がなくなっておらず、私にいたっては、休みにならず、毎日出勤しております。

子どもたちが家にいる分の出費はありますが、経済的に困窮するほどではありません。

5人家族ですので、50万いう大金が手に入ることになります。

正直、子どもたちの学費のために取っておこう!という気持ちがとても大きいですが、

こんなご時世ですから、何か買ったりして、少しでも経済を回したほうがいいかなとも思っています。

美味しいものを食べに行ったり、温泉に行ったりもしたいですが、出かけられませんし、収束してからでもとも考えましたが、次男が受験ですので、あまり遊ぶこともできず…。

私のボーナスがこのコロナの影響で、減りそうな予感がしますので、やはり30万くらいは貯金にさせてもらって、残りの20万で何かをと考えています。

 

真っ先に思いついたのは、お取り寄せ。

食品ロスを防ぐサイトとかもあるようですし、物産展等がなくなったりして、大変なところもあるようですので、何かそういうところの美味しいものをお取り寄せしてみようかな。

福島の時もやったんですよね。

農家さんからケースで野菜を買って、保育園の仲間と分け合うっていうのを。

きゅうりを100本とか桃とか。

1年くらい続けたけど、自分が仕事を辞めたりして、経済的に苦しくなってしまい、泣く泣くやめました。

支援する方も余裕がないと、続けられないというが、難点ですよね。

 

次に思いついたのは、ふるさと納税

住んでいる川崎市は、ふるさと納税による住民税の流出が多いです。自分の住民税が安くなるのはいいけど、それによって住んでいるところの税収が低くなり、社会福祉的に良くならないのはどうなの?と思っていたので、ふるさと納税をしていませんでした。ふるさと納税をするだけの余裕もあまりないのですけど。

よくよく考えてみたら、川崎市ふるさと納税すればいいじゃんって。

 

3番目に思いついたのは、家電。

結構年数が経っているものがあります。特に壊れてるわけじゃないので、買い替えなくてもいいのですけど、そうして違うことにお金を使った途端に、壊れるいうのはありがち。

壊れたら困るなぁという年数の経った家電を買い替えるのはアリかも。

食洗機がもう10年経ちます。

テレビも10年。でもテレビって必須ではないかも。

長男の部屋を作ったので、長男の部屋にエアコン。エアコンがないと、夏場はツラそう。

 

あ、非常用のポータブル電源を買おうかな。

非常食とかをきちんと買い揃えるのもいいかもしれない。

 

これくらいかなぁ。

ホントはお店に行きたいところだけどもね。

お気に入りのカフェとか、潰れたらイヤだなあというお店に行きたい。

三密にならなければ大丈夫かな?と思うと、覗いてお店が空いてそうなら、入るのもありかもしれない。

 

うーん、でも20万にはならないかなぁ。

貧乏性なので、大盤振る舞いができない。

 

子どもたちは、10万にやった〜!ゲーム買いたいってなってますけどねー(¬_¬)

誰がやるもんか(笑)

 

まだ手元に届いてもないのにいろいろ考えてしまいました(^◇^;)