esminのブログ 〜わやだがね〜

3人の息子(高2・中1・年長)の子育てと旦那、家族を中心に、日々思ったことや愚痴、時々本の感想などを気ままに書いています。

実母の痴呆の症状現る!

こんにちは、えすみんです。

親の介護が現実味を帯びてきたこの頃です。

実母の痴呆がとても心配です。

ただの物忘れであればいいけれど、痴呆になってもおかしくない年齢です。

実母は74歳です。

 

以前から物忘れがひどくなったなって話を、本人ともしていました。

頭を使ってねなんて言ったりして。

 

先月、電話があり、「荷物いつ送る?」って。

週末でいいよなんてやり取りをしました。

その2日後、また電話があり、「荷物いつ送る?」って。

一昨日電話があったばかりなのに?!と思ったんですけど、そこは責めずに、週末でいいよって、また同じ返事をしました。

2日前に電話したことを忘れちゃってるんですよね、たぶん。

 

その後も何度か電話のやり取りはありましたが、話している最中に辻褄が合わないっていうことはなくて、会話はちゃんとできていました。

 

土曜日の夜、また電話がありました。

雨が酷くて、熱海のこともありましたし、心配をして、電話をくれました。

なんともないよって言ったんです。

ただ、次男の学校が大雨で休校になったよって言いました。

 すると、長男は学校に行ったんか、大変やったねーって。

 

長男は高校を退学してます。通信制高校のesportsは週2回しか行きません。その話はもうしていたので、わかってるはずなんです。

それなのに、学校に行ったんかって。。。。?

 

長男は高校辞めたから、学校行かんよ。忘れたの?って。

そうだったっけ?って反応。

 

そのあと、三男のランドセルの話をしたんです。

長男の時から、ランドセルは実家が買ってくれていました。こちらで選んで、お金だけ貰う感じです。

esmin.hatenablog.com

 先日ランドセルを選んでもう買ったから、お金を振り込んでねって話をしました。

年金暮らしだからと最近しつこく言うので、大変だったら、振り込まなくてもいいよっていうことも伝えていました。

6月に年金を貰ったら振り込むから大丈夫って言ってたのですが、25日に通帳を確認したけど、振り込まれてなかったので、やっぱり大変だったかなと思ってたんです。

だから、電話でその話もしたんです。

ランドセルのお金振り込まれてなかったけど、やっぱり大変だった?ごめんねーって。

そしたら、振り込んだはずだよって言うんですよ。

私が通帳確認したのは25日だから、それより後かなぁって言ったんですけど、それはないっていう反応で、ちょっと通帳調べるわ〜って。

 

そこで一旦電話を切ったあと、母がまたすぐ電話をしてきて、

お金は下ろしてるみたいだわ。振り込み忘れとるね。だけど、下ろしたお金もどこいったかわからんって。

 

😱❗️

 

お金がわからなくなるって❗️

結構やばくないか⁈!

大丈夫、お母さん❗️

お母さん、1人じゃ不安だから、お父さんと協力してやって!

 

とまあ、こんな感じで、母の痴呆の症状が出てきました。

物忘れとは言い難い気がしています。

 

父親はしっかりしてるんです。たぶんボケたりしないだろうと。

ただ持病があり、もしかしたら透析やるかもしれないっていう話にもなっています。

父親は自分第一の人なので、母親をしっかりサポートするとか、優しく見守るっていうのができそうにないところが、かなり不安。

バカ、アホみたいなことを平気でいうので、かなり心配。

 

どっちにしろ、1度病院に行って、診断してもらった方が良いと思うんだよなぁ。

どちらに言ったら、素直に言ってくれるかというのも悩みどころではありますし、母親自身がどこまで認めるかっていうのも難しいけれども。

早くに診断を受けて、早く治療すれば、進行を遅らせることはできるみたいなので、治りはしないだろうけど、少しでも遅らせられるならその方がいいのかなぁって思ってます。

 

子育ても終わっていないけど、親の介護問題が現実味を帯びてきて、やっていけるんだろうかと漠然とした不安がこみ上げてきました。

寝たきりになるのも怖いけど、元気なのに痴呆で徘徊とかされるのも怖いですしね。

両親のどちらかが元気なうちは、お互いで頑張ってほしいけど、無理しても困るし、どうなることやらです。

 

こういう問題に直面すると、自分の老後の世話は誰がしてくれるんだろうっていうのも考えてしまいますね。もう少し先ではありますが、子どもたちに負担にならないようにと思うと、施設に入るお金もいるが、子どもの教育費もまだ終わってないし。。。。

 

むむむむ。。。

esminのブログ〜わやだがね〜 - にほんブログ村