esminのブログ 〜わやだがね〜

3人の息子(高2・中1・年長)の子育てと旦那、家族を中心に、日々思ったことや愚痴、時々本の感想などを気ままに書いています。

次男に馴れ初めを聞かれたので、その話。

こんにちは、えすみんです。

先日、次男となぜかお風呂に入りまして(笑)、というか、三男と私が入っていたら、後から次男が勝手に入ってきた。もう中学生だが、気にならないとみえる。

 

昔、どんなアニメを見ていたかという話から、なぜか馴れ初めの話に。

聞きたいの?

恋愛に興味が出てきたの?

まあ、そういうお年頃なのかと思い、馴れ初めを話しました。

でも、あんまり参考にならないんだけどね〜。

なぜなら、恋愛っぽくないし、そもそも恋愛をしてたかも怪しいし、なんで結婚したのかも謎だから(笑)

興味のない方は、ここで読むのをやめちゃってください😁

 

出会い

初めて会ったのは、私が二十歳でした。

きっかけはヤクルトスワローズが優勝したから。97年だったかな。

中学の時からヤクルトファンで、大学生になり、アルバイトをしてから、野球を見に行ってました。ただ愛知なので、周りはドラゴンズファンか巨人ファンのどちらかなんですよね。1人で名古屋球場とか神宮球場に行ってたものです。

97年あたりから、パソコン通信(懐かしい!)っていうのが流行り出してきて、掲示板とかチャットとか。

ヤクルトの公式ホームページには、ファンが集う掲示板とチャットの両方がありました。

チャットの方が個人的に楽な気がして、そこに顔を出すようになりました。

名古屋のヤクルトファンの人にも会えました。

時間帯によってもまちまちですが、かなりの人数がいたと思いますが、よくわかっていません。

冬休みくらいにオフ会の話が出て、もちろん東京で。ヤクルトのファンは東京が多いですからね。面白そうだなっていう軽い感じで、オフ会に参加。その時60人くらいいましたかねぇ。

全員と話した記憶もないし、誰と話したのかわからないけど、その時には旦那はいなかった。

その後も声をかけられて、一緒に試合を見たり、遊んだり。もちろん、愛知から東京に行くので、そんなに頻繁ではありません。

私が愛知でのほほんと名古屋ドームに行ってる頃、東京のヤクルトファンの方たちは、ある程度分裂していきました。60人もいたら、好き嫌いもあるし、恋愛のゴタゴタもあったらしいし、いくつかのグループができて当たり前。

最初のうちは、いろんなグループの人から声がかかって、遊んでましたが、最終的にはある1つのグループだけになりました。振り返って考えてみると、ある程度まともなグループで、縛りも少ないお気楽なグループでしたね。分別あるというか。ちゃんとした社会人が多いというか。その人たちを慕う同年代の子たちもある意味でまともというか。

で、その最終的なグループの中に、旦那はいたわけです。

初めて会ったのは、神宮球場でした。

出会い編、長かったな😅詳しく書きすぎたか。

 

次に行く前に、私の恋愛観

グループで会ったりしているわけですが、愛知と東京なので、そんなに頻繁に会うわけでもないので、全然恋愛には発展しません。

そもそも大前提として、私には恋愛というものに全く興味がない。今もないです。

興味がないという表現も正しくないかも。

興味を持ってはいけない人種として、育ったから、興味がないというのが普通というか。

わかりやすくいうと、私がブサイクなわけです。

小学中学時代からずっとね。ブスと言われるのが当たり前で、性格もどちらかというと、やんちゃというか、はっきり言っちゃうタイプで、可愛げもない。

誰もお前なんか好きじゃないとか、お前に興味を持つ奴なんていないとか、そういう感じ。

まあでも友だちに合わせて、〇〇くんが好きとかそういう話をする。ほんとはそんなに好きじゃないんだけど(笑)、好きな人がいないといけないみたいな空気。

しばらくしたら、そういう空気もぶっちぎれるメンタルを発揮するんですけど。

だいたい、やっぱり可愛い子や愛嬌のある子や美人な子が好かれますよね、やっぱり。ブサイクな奴には興味ないわけです。

短大の時に、一緒にいるメンバー4人で居酒屋にいたら、3人組の男性が声をかけてきて、一緒に飲むことになって、4対3。誰があぶれるかって、当然私。6人で平気で盛り上がっていくわけです。メンバーが私に話をふったり、声をかけたりすることもありません。私はもう途中で帰りました。一緒にいた子たちにも引き止めることもせず、声をかけてきた男性もいなくなってくれて良かった空気を有り有りと出すというね。

こちらとしても、そういう人たちは、お断りって思ってましたけど。

そうそう、短大に入学したとき、駅の出口から短大の入り口までの道の両サイドに、いろんなサークルの勧誘で、ものすごい人たちがずらーって並んでて、みんなサークルに入って欲しいから、ものすごい勢いでビラを配ってるんです。中には、「あの子可愛いから、絶対誘え」とか言ってる人たちもいました。入学生が受け取ったビラの枚数のものすごい量で、それでも私が受け取ったビラは3、4枚(笑)近くにいた子に、「そんだけ?!」と驚かれたっけ。ある意味すごいなって、自分でも思いましたよ。ブサイクだから、ビラすら配られないって、どんだけ?(笑)

恋愛という舞台には上がってはいけないというか、恋愛感情を持つことすら犯罪みたいな(笑)

まあでも短大に入るときにはそんなもんと思ってたし、高校の時には悟ってましたから、傷つきもしない。恋愛というものに時間をかける方が無駄と思っていて、自分の趣味に時間を使った方が有意義とさえ思ってました。

『人間って、顔じゃないけど、世の中顔』

というのが私の中に定着していました。少女コミックにあるような恋愛には興味を持たずに生きています。現在もなお(笑)

この歳になって、少女マンガを読んでも、全く気持ちが理解できない🤣

男性が嫌いとかそういうのではないので、男友達はいるし、趣味関係で知り合った人もいるし、なんだろうな。男性として付き合うというよりは、人間として付き合うというか。人として好きか嫌いか、苦手かそうじゃないかみたいな。

なんなら、男友達の方が多いくらいです。恋愛が絡まないと、男性側も気が楽なんでしょうね。

だからと言ってはなんだけど、イケメンと言われるようなカッコいい男性は正直言って好きではありません。受け入れられないんだよなぁ、なぜか。自分がブサイクだから、拒否反応かな。

 

ただよく会う人

話、戻します😅

で、ヤクルトファンの愛知の方ともそのチャットで知り合って、その方Aさんと一緒に、名古屋ドームに頻繁に試合を見に行きました。

私は短大から四大に編入して、まだ学生だけど、Aさんは社会人。たまに昼休みにも約束して、ランチを一緒に食べたり。

言うまでもなく、恋愛感情はありません。Aさんには彼女もいましたし。彼女は野球には興味がないらしいので、一緒に野球を見にいくことはありませんでした。

この辺りで旦那も登場してきます。Aさんと旦那は同い年で、競馬の趣味とかも一致して、仲良かったです。旦那が頻繁に名古屋に来るようになります。

Aさんと同い年なのに、なぜ旦那は名古屋に頻繁に来れるのか。

それは、一浪してニ留したから、まだ学生でした。3つ違いのはずなのに、大学卒業は、旦那と私は同じというね。何やってんでしょうね、ニ留って(笑)しかも最後の1年は足りない単位が1単位って。アホなの?ってマジで思ったよ。

しかもいわゆる一流企業に内定してたのに、1単位足りなくて、行けなかったっていうね。

ただ一浪してニ留してなかったら、おそらく結婚してなかったでしょう。

Aさんと旦那と私の3人で、名古屋ドームに行ったり、中京競馬場に行ったり、Aさんの家で鍋をしたり、とにかくよく一緒に遊んでましたね。月一くらいの頻度ですけど。

この時点では旦那にも彼女がいました。

だから単によく会う人、よく一緒に野球を見に行く人、まあ友だちなのかな。月一くらいの。という感覚です。

また、このチャットで知り合った人たちに会いに、甲子園に行ったり、北海道に行ったり、私は結構精力的に動いてました。学生でしたから。基本的に一人旅です。現地に行けば、ヤクルトファンに会えるわけなので、全然平気。

大学の卒業旅行も一人旅を決め込んで、北海道から東北へ旅行に行こうと計画してました。もちろん鈍行で。1週間くらい。

そしたら、旦那が俺も卒業だから、一緒に行っていい?とか言い出したんですよ。

私の中では男性として見てないので、人として悪い人ではないという認識で、好きにすればって言ったんです。ただそっちには合わせないよっていうね。私の卒業旅行だからって。

この旅行がターニングポイントだったと思います。

 

卒業旅行

で、卒業旅行に行きました。北海道で現地集合。

北海道では北海道のヤクルトファンに会い、東北でもヤクルトファンに会い、ついでに現地のお城に行ったり、観光したり、名物を食べたり。鈍行なので、電車に乗ってる時間の方が長かったりするんですけど。

それに旦那がくっついて来るという構図。

1週間ですので、宿もありますよね。なんと、部屋も一緒だったんです😓

この話、本当に信じてもらえないんですけど、本当に何もなかったんです。

無防備すぎじゃない?って、後から言われたけど、そう言われても、ブサイクで育ってるから、その気になるとは思えなかったし、彼女いたし。。。

本当に何もなかった。これだけは強調。

なんで部屋を一緒にしたかって、2人の方がシングルより安かったから。やっぱり貧乏学生なのでね。安く済ませたかった。

私はずっと普通にしてたんですよ。なんというか、男性の前だからこうするとか、人との旅行だから、こうするとか、そういうのは一切なしで、自分が食べたいものを食べ、見たいものを見て、旦那に合わせたりもしなかった。

どんだけ仲のいい友達でも、一緒に旅行に行くと疲れるっていうのありますよね?

私も女友達と一泊旅行に行ったことありますが、仲はいいけど、旅行は無理だわ〜って思ったことがあります。

旦那とのこの卒業旅行は、1週間もあったのに、それが全くなかった。

意外でした。

合わせようとしなかったからなのかとも思ったけど、それを除いても、やっぱりなかったんですよねー。長く一緒にいることが全く苦痛でなかったんです。

これが不思議なことに、旦那も同じように思ったらしいんですよ。

なので、結婚したいと思う相手と、旅行に行くのをオススメします。

 

付き合うまで

卒業旅行が終わり、また愛知と東京です。

お互いに社会人になったので、それほど時間もなく、私が次に東京に行ったのは、ゴールデンウィーク。もちろん、神宮球場に野球を見に。

いつものメンバーも一緒。その時は旦那はいなかったなぁ。

ただ帰りは新幹線の終電で帰るって話になって、旦那が神宮から東京駅まで送ってくれたんだっけか。

なんとなく旦那がその気がある感じを出してきたんですよ。彼女がいるにもかかわらず。

なんていい加減な奴なんだ。

その頃、多分、私の人生最大にして、最初で最後のモテ期だったんですよねー(笑)

いや、でも、単なる私の勘違いなのかもしれん。

旦那以外の人も、なんとなくそれとなくアピールがあったんですよ。3人くらいかな。

でも、誰もはっきりいうわけじゃなかったので、私の妄想かもしれない。

ブサイクは自惚れてはいけないよね。

ただ同い年の学生たちと違い、年上の社会人の彼らは、私がブサイクであることをあまり気にしていないというか、先にチャットで会話(文章だけど)をしていて、なんとなく私という人なりに触れていたからなのか、その辺はわからないけど、ブサイクだから無しみたいな、そういう感じではなかったんですよねー。

チャットで、明らかに彼女を探しているという人もいましたが、そういうことをこちらは求めてないし、そういうのを求めている人はだんだんグループから居なくなっていきました。

で、私の人生最大にして最初のモテ期をどうやら旦那は気付いたようで、なんとなく誰かに取られるのはイヤだと思ったらしいです(後日談)。

彼女がいるにもかかわらず、かなりアタックしてきました(笑)アタックって、古いな😅

彼女がいるのでね。相手にしなかったわけですよ、こちらは。

仕事があるので、回数は減りつつ、あいかわらず、Aさんと名古屋ドームに行ったり、いつものメンバーで神宮球場にも行きました。東京に行く時、旦那とは神宮球場には一緒に行かないけど、2人でお茶したり、ランチしたりしてました。側から見たら、デートに見える。。。

そんなこんなで、秋になり、旦那は彼女と別れます。

本当に別れたの?大丈夫?私を選んで大丈夫?って(笑)

それでようやく付き合うわけですね。

正直なところ、付き合うって何?と思う自分もいて、よくわかってないんですよねー。

それに旦那のことは嫌いではないけど、絶対一緒にいたいと思うほどでもないし、もし旦那に他に好きな人ができたら、それでいいんじゃない?と思ってます、今でも。

それとなくアピールする旦那以外の人が、旦那より先に付き合いたいとちゃんと言っていたら、たぶんその人と付き合っていたと思います。いわゆる先着順ですね。

だから旦那が一番最初だったわけです。

 

結婚まで

秋くらいから正式に付き合うわけですけど、愛知と東京なので、会うのはやっぱり月一ですね。私はその頃シフトで土日も仕事があったので、月一がやっとという感じ。多くて2回。

交代で、東京と愛知を行き来する感じですね。遠距離恋愛というやつです。

しかし、この月一というのが、私にはとても良い(笑)

女友達で、毎週末会っていたり、土日連続で会っていたりする話を聞いていたので、それは面倒くさいなって、思ってたんです。

自分が他にもしたいことがあるのに、全ての休みを彼と過ごすなんて、考えられない。

たぶんうまくいったのは、遠距離で月一っていうのは、大きいです。

問題は、親ですね。

今までも神宮球場に行っていたので、東京に行くこと自体にはあまり疑問を持ってはいませんでした。泊まる宿だけはちゃんとしたホテルにして、どこの宿かを伝えておけば、問題なし。

しかしながら、野球シーズンが終わってしまうと、何しに行くの?みたいな(笑)

そりゃそうだよな。

他のヤクルトファンのグループの人たちと会うこともあったのですが、オフシーズン中、ずっとそういうわけにもいかず。

親に嘘をつきたくなかったというのもあります。嘘をつく理由もないですし。

で、東京に行く理由として説明するのが面倒だったので、11月か12月くらいに、旦那を家に呼んで、親に合わせました。

この時は、結婚する気はなくというか、まだ付き合って2,3ヶ月で、東京に行く理由として会わせたつもりでした。

が、なんと❗️

親に会って、旦那が挨拶した時には、結婚することになってました😲

旦那が挨拶したその場に私はいなかったので、具体的に何を言ったのか知らないのです。

ただそうなっていたという(笑)

年明けには、親同士の顔合わせをして、2月には挙式して、入籍。

付き合ってから半年のことです。

めっちゃ早い❗️🤣

個人的には、先着順で告白されて、付き合って、親に会わせたら結婚したという流れ。俗に言うプロポーズもありませんでした。

まあ、それでも婚姻届に名前を書いたわけなので、悪くないかなという感じなんでしょうね、私としたら。拒む理由もないというか。

あの卒業旅行が苦痛でなかったというのが大きかったように思います。

なんとかなるだろう的な🤣

私はずっと結婚しないだろうと周りも私自身も思っていたのに、みんなより先に結婚する結果。小学校から知ってる友だちには、かなり驚かれました。まさか!みたいな。

 

長い話になってしまった。すみません😓

次男に話したときは、もっと簡潔に話してます。お風呂に入ってる間だったので。

自分の淡白な恋愛観とか、どのくらい伝わったかわかりませんが、とにかくそんな感じで。

こんな感じで結婚したにもかかわらず、今年で20周年です。

旦那が離婚したいと言ったら、離婚するだろうとは思います。ただ現状として、旦那にとって、離婚してもなんのメリットもないので、しないとは思います(笑)

浮気したければすればいいけど、こちらには迷惑かけないでねとは言ってます。金銭的なこととか、子育てのこととか。相手の女性が家に来るとかそういうのも。面倒くさいから。

離婚するときは、子どもの親権は全部旦那にする予定なので、浮気して、その人と一緒になるなら、子どもの面倒も見れる覚悟のある人にしなさいとも言っています。

旦那もそんなにイケメンでもないから、そんな甲斐性があるとは思えないけど、今のところ、浮気はしてなさそう。とりあえず、わからない程度ならいいかと思ってます。

伝わりますかね、私の淡白な恋愛観😅

 

イラッとすることもあるし、しょっちゅう喧嘩もしてますけど、20年経っても、卒業旅行の時のような、とりあえず一緒にいて、苦痛じゃないというのだけは続いています。

 

esminのブログ〜わやだがね〜 - にほんブログ村