esminのブログ 〜わやだがね〜

3人の息子の子育てと旦那、家族を中心に、日々思ったことや愚痴、時々本の感想などを気ままに書いています。

初めての熱性けいれん&職場の対応

こんにちは、えすみんです。

今日も雨。台風が九州には近づいてますし、心配ですね。

早く梅雨明けして欲しいものです。

 

一昨日、保育園から帰った三男が急に発熱し、熱性けいれんを起こしました。

上2人もなったことがなく、3人目にして、初めてだったので、ちょっと焦りました。

 

三男の様子

いつも通り、保育園に6時に迎えに行き、帰宅。

ベジたべる〜。」と小さなスナック菓子を頬張る三男。

私はその間に夕飯の支度を急いでて、とは言っても、ざるうどんだったので、うどんを茹でて、薬味を切るだけ。

夕飯ができて、テーブルに並べるにあたり、三男の姿が台所から見えず、上2人に「三男は?」と聞いたら、長椅子に寝っ転がってた。

「体調悪いのかな?起こして。」とお願いすると、次男が慌てて、

「熱いよ!」

どうやら熱がある模様。とりあえず、和室に寝ててもらい、次男が熱を計ると、38度。これが6時半。

さっきまで元気にしてたし、保育園からの帰りもいつも通りだったので、ホントに急に上がったようだ。

「うどん、食べる?」という問いかけに、首を横に振る。そのまま寝かせておいて、3人で夕飯を食べる。7時。

私が座った位置から、和室に寝てる三男は、ちょうど見える位置。食べながら、様子を見る感じ。

7時15分頃、急に咳をして、むせていた。

チラッと見ると、顎の部分が何やらテカっている。さっきまでそのテカリはなかったと思い、声をかけたが、反応なく、再びむせて、嘔吐。

慌てて様子を見に近づくと、最初にむせてたときも、嘔吐をしていたようで、後頭部がよごれていた。

顎のテカリは、嘔吐した後だった。

タオルで拭き、頭の下にいらないタオルを敷いて、横向きにさせる。3回目の嘔吐。

いつもと様子が違う。

目が右斜め上を見たまま、固定され、全く動かない。こちらが声をかけても全く反応しない。横向きにして、背中をさするも、体が硬直したような感じになってて、横向きにする際も、されるがままで、動きもしない。

「ママの声、聞こえてる?ママの方見て!」と何度か声かけたが、無反応。

これはヤバイ!

上2人にもなかった。このケースは初めて。

ヤバイと思いつつ、とりあえず背中をさすって、様子を見ると、イビキをかいて寝始めた。 

イビキをかいて寝始めたので、大丈夫かなーと思ったけど、視線がおかしかったのが気になり、ネット検索。

視線が合わずにぐったりするのは、すぐに病院に行った方がいいという事案だった。

旦那がまだ帰ってきていなかったが、上2人はもう留守番できる年齢だし、今イビキをかいて寝ている時に車に乗せた方が乗せやすいから、1番近い小児救急のある大学病院に行くことにした。

 

小児救急

ここの大学病院は、結構出産する人もいるし、かかりつけ医になってる人もいるが、我が家は初めて。上2人もお世話になることはなかった。

大学病院系は、待ち時間が長いし、紹介状がないとダメだったり、面倒くさいので、あまり行かないようにしているから。

今回初診だったが、救急は紹介状いらないけど、それなりに患者はいたので、待たなければいけなかった。

8時頃に病院に到着。

会社帰りの旦那が、8時半に病院に到着。

それからどれくらい待ったか。

おそらく9時過ぎに名前を呼ばれたと思う。

待ってる間、三男は椅子に横になって、寝ていた。

時折ワッと起きて、グズグズする以外は特に変化もなく、声かけには反応した。

待ち時間の間に、病状からどんなものかと検索して、熱性けいれんではないかと、検討をつけた。

救急の先生の診断は、予想通りの熱性けいれん。

診察を受けてる様子は、視線もちゃんとしてるし、「あーんして」との声かけにもちゃんと応えて、口を開けることができてる。

この様子なら、もうけいれんが起きることはないかと思うけど、まれにあるから、けいれん予防の坐薬を今入れて、8時間後にもう一度坐薬を入れて、様子を見てくださいとのこと。

8時間後は、朝の5時だけど、起きてからで大丈夫だからと言われた。

明日、また様子がおかしかったら受診してくださいって。

まだ熱もあるし、ぐったりしてるけど、なんか一安心。

結果的にこの病院の診察券を作ることができて、良かった。

坐薬だけもらって帰宅。

そう言えば、発熱の診断は特になかった。夏風邪かな。

 

 帰宅後

家に帰ると、上2人が洗濯物をたたんでおいてくれた。頼んでおいたことを素直にやってくれるなんて、珍しいことだ(笑)

三男はそのまままた寝てしまった。

結局、朝までぐっすり。

あまりトイレに行かなかったので、水分不足からの発熱だったかもしれない。

保育園では飲んでると思うけど、どうなんだろう。

 

翌日

熱は7度まで下がっていたが、目が二重になってて、まだだるそう。

朝一で坐薬を入れて、様子を見るも、午前中はほぼ寝ていた。

お昼には、桃缶とうどんを食べる。

午前中に寝すぎたせいか、午後はほとんど起きていて、パズルをしたり、絵本を読んだりして過ごした。

前日のような視線が合わないとか、声かけに反応しないとか、体が硬直するようなことは一切なかった。

午後に一度嘔吐するも、平気そうだった。

トイレのタイミングが合わないのか、お漏らしを3度。ここ最近にはない頻度だけど、体調悪いから仕方ないかな。

夕方になっても夜になっても、熱は7度3分~7度5分を行ったり来たりで、スッキリ解熱はしない。

食欲は回復しているけど、目はあいかわらず二重のまま。

次の日になれば、解熱しそうだけど、なんか微妙な感じ。

 

職場の対応

救急に行った翌日はもちろん仕事を休んだ。

電話して、症状を説明し、救急に行ったことも話した。

今の職場は子どものことで休んだりしても、特に非難されることはない。

ここが前職の郵便局とは大きく違うとこ。

ワーキングマザーにしたら、これほどありがたいことなはい。

仕事を休んだものの、その翌日(今日)は午前中に仕事で外出しないといけない用事があり、また直属の上司が休暇を取る予定だったので、私は基本的に休んではいけない日。

三男の様子は夕方まで微熱で、微妙な感じ。でも、次の日は大丈夫じゃないかと思い、夕方職場に電話をし、上司に「明日は行けると思う」と伝えた。

ところが上司は、「明日も休んでいいよ。俺の休みは月曜にずらすから。外出の予定も代わりに行っておくし。だから、明日は休んで」と。

土曜日は月に一度の全体会議の日で、出勤日なのだけど、「なんなら、土曜日も休んじゃっていいからね」って。

 

なんて良い上司なの!!

未だかつて、そんな対応をしてくれた上司はいなかったよ!(T ^ T)

素晴らしすぎる!

 

大丈夫ですって言っておきながら、朝になってやっぱりダメですというのは、逆に迷惑をかけるので、お言葉に甘えて、休むことにしました。

良い上司に恵まれました。ありがたや〜。

 

経験値アップ

今朝、予想通り三男の熱は下がっていた。いつもより早起きして、朝ごはんもきちんと食べた。目の二重もなくなった。

それでもやっぱりなんとなく、本調子ではないかなという感じ。

仕事は休みなので、保育園も休んで良かったのだが、三男本人が保育園に行きたいと言うので、保育園に行かせて、その代わりお昼でお迎えに行くことにした。お昼ご飯まで食べてくれたら、こちらとしても少し楽だし。

 

熱性けいれんは、これで終わりかな。

あの目線が合わない感じは、初めて見ると、結構焦る。

脳の障害じゃないかとか、後遺症があるんじゃないかとか、考えてしまった。

ネットで調べてみて、熱性けいれんの時は横向きにさせるのがいいと書いてあり、私はそれを知らなかったけれど、嘔吐してたから、自然と横向きにさせていた。結果的に良かったみたい。

けいれんがおさまっていたあの状態では、慌てて救急に行くことはなかったようだ。

年齢的にも症状的にも、最初で最後のけいれんじゃないかと、救急の先生は言っていた。

3人目ともなると、いろいろ経験してるから、なんとなく対処できる気になっているけど、やっぱり子育てって、同じことは全然ないんだよなーと思い知る。

熱性けいれんという経験値を得ましたよ。

次回は焦らずに対処できそう。次回は無い方がいいけどね。