esminのブログ 〜わやだがね〜

3人の息子の子育てと旦那、家族を中心に、日々思ったことや愚痴、時々本の感想などを気ままに書いています。

一万円選書

こんばんは、えすみんです。

長男のことを含め、旦那の愚痴とか、どうも負の内容が多い私のブログ…。

読んでいただいて、すみません&ありがとうございますと、ついつい思っちゃいます。

どうにも近くに話す相手がいないと、こういうところで発散してしまうんですよねー。

 

今回は、1万円選書の話。

1万円選書は、最近有名になったので、知ってる方もいるかもしれませんが、一応説明。

北海道の小さな本屋のご主人が、1万円分の本を選んで送ってくれるというもの。

以前は申し込めば良いだけだったのですが、最近有名になったので、申し込みが多くなったため、抽選で当たった人にだけその権利があります。抽選に当たると、カルテが届き、そのカルテを返信して、カルテの内容に基づいて、ご主人がその人に合った、その人におススメする本を1万円分選んでくれるという。

 

この1万円選書を知り、半年間応募し続けて、今回当たったんです。

先日、本が届きました。

それがこちら。

f:id:esmin:20180303230830j:plain

#1万円選書

最初は、海よりもまだ深く、田村はまだか、チームが入ってましたが、既読だったので、差し替えてもらって、写真のようになりました。

作者は知っていても、読んだことのないもの、全く知らないものばかりで、ワクワクしています。

仕事もあり、子育てもあり、なかなか読む時間がないのですが、時間をかけても、読破したいと思います。なにせ、私のために、選んでもらったのですから。

 

読書の時間が減り、読む本も偏ってきて、その両方を解決するには、1万円選書はうってつけでした。

送られたカルテを書く作業は、結構大変でした。今まで読んだ本のベスト20を書かないといけなかったから。20冊選ぶのって、本当に大変。単純に20選べば良かったのかもしれないけど、選書してもらうのに、いろんなジャンルの本を読んでることがわかった方が、参考になるのかな?とか考えてしまって、好きな作者に偏らないようにするとか、気を遣ってしまいました。それでもやっぱり同じ作者が出てきたりするし。

カルテは、本のことだけでなく、人生で一番嬉しかったこととか、苦しかったこと、家族構成や今いちばんしたいこと、幸せってなんですか?とかそういうことも書きます。

そのカルテから、会ったことのない私という人物を想像して、選ばれた本たち。今の私にどういう影響を与えてくれるのか、そう考えると、本当にワクワクしてきます。

読み終えて、何か感じたことをまた書こうと思います。

 

最後に、私がカルテに書いたベスト20

ノルウェーの森/村上春樹

和菓子のアン/坂本司

国境の南 太陽の西/村上春樹

すべての雲は銀の・・・/村山由佳

てのひらの闇/藤原伊織

十角館の殺人綾辻行人

舟を編む三浦しをん

死神の精度/伊坂幸太郎

スプートニクの恋人村上春樹

蕎麦ときしめん清水義範

はてしない物語ミヒャエル・エンデ

アルケミストパウロ・コエーリョ

われ笑う ゆえにわれあり/土屋賢二

ビブリア古書堂の事件手帖/三上 延

さらば悲しみの性/河野美代子

カミュの客人/村松友視

遥かなる水の音/村山由佳

奇談蒐集家/太田忠司

虹の岬の喫茶店/森沢明夫

本気で言いたいことがある/さだまさし